自動車の事故時の賠償

自動車事故に備えて保険を

自動車の事故と保険について

自動車を運転する場合、保険に加入することは必須となっていますが、自動車の保険には二種類あります。強制加入の自賠責と任意とありますが、任意だから加入しなくていいのかというと、実はそうではないのです。まず事故が起きた時、賠償責任を負うことになりますが、自賠責ではこの賠償額を賄うことはできません。車の事故で死亡者が出た場合の賠償額は、億に達するほどの高額なものになったり、建造物を損壊した場合も、数億の賠償額になることがあるからです。自賠責では賄えない賠償責任を負った時に備えて、任意に加入しておかなければ、車を運転する資格がないとまで言われていますから、必ず加入しておくべきでしょう。

自動車保険についての説明

自動車を、運転する際に交通事故に会うことがありますが、この事故における損害金や、賠償金におきましてカバーをするのが自動車保険です。これには、自賠責と、任意保険があります。自賠責は自動的に入らなければなりませんが、新居のほうにつきましてはこれは自分の意思に置いて入るものであり、もしこれに入っていないと、事故を起こした際に全ての修理代金、および一重の賠償金を、自賠責でカバーできない部分を全て実費で行うな枠でけばなりません。ですから実重入ることをお勧めします。仮に、車両についても別途を保証がありますのでそちらにも入るといいです。

↑PAGE TOP